香草カラー
    





施術前、カラーが退色し、少しぱさついて見えます。

施術後・、。

ツヤと共に、ハーブの自然な色合いが特徴です。

香草カラーについて

20種類以上の香草のブレンドが
マルチビタミンのように作用し
髪を美しく染め上げます
カラー剤が粉末のため
最近問題な防腐剤や
界面活性剤を使用していません


ハーブカラーについて

HC塩基性カラーを使用しています
一般に「トリートメントカラー」
と言われているものです
刺激は、ほぼなくハーブの香りしかしません

主なカラーアレルギーの元である
ジアミン色素は使用していません

ですからパッチテストも
義務つけられていません

プロの技術により安定した綺麗な色を
継続して楽しんでいただけることが
可能になりました.



ヘナ・インディゴ染め


ヘナは古代エジプト時代から使われている
元祖オーガニックカラーです

オレンジ色に染まります

その上から、ジーンズ染めで有名な
インディゴを被せることで
ナチュラルなブラウンに染まります

しかしオーガニックにも
アレルギーは存在します


蕎麦や小麦粉、杉ヒノキ


それらでも人によってアレルギーを
起こすのと同じ理由です




・香草カラー
・ハーブカラー
・ヘナ・インディゴ染め

    ともに



5250円から  カット込み 7870円から
手荒れがひどい時期が有りました。

長年ヘアカラーを素手で行なったせいでしょう。

長年の毎日のダメージは着実に体に刻まれます。

そこで

自分たちの皮膚はもとより

お客様の髪や皮膚、そして健康に対し

ダメージ最小限のカラーが無いか探し求めそれを

当店ではメニュー化しています。



香草カラー

漢方薬をふんだんに使ったヘアカラー剤です。

お客様の髪にも皮膚にも優しいカラーですがジアミンを使用しています。

特徴は「ツヤ」「ハリ」「コシ」が出る事です

ボリュームをアップしたい人

白髪のオシャレ染めに向いています

カラーアレルギーの人には使用できません

ハーブカラー

多くのカラーアレルギーの原因であるジアミン色素を使わず

イオン結合で染料を染め上げるカラーです

ヘアマニキュアに似てますが、

マニキュアのようなごわつきや、

引っかかる感じがなく、サラサラに仕上がります


3〜4回のシャンプーまでは色落ちがありますが

その後は落ち着き定着します

トリートメントによる色落ちはほぼ有りません(マニキュアは酸性で落ちやすい)

オーガニックとは言えませんが、

カラーアレルギーの人や妊婦さん、授乳中のお母さんにも安心して使えるカラーです

パッチテストも義務つけられていません

アルカリカラーをしたくない

だけど色味や手触りにはこだわりたい

そんな人におすすめのカラーです


ヘナ・インディゴ染め

こちらは100%天然植物染めです。

色味の安定は香草カラー・ハーブカラーが得意ですが

オーガニックにこだわるひとには

ヘナ・インディゴの草木染めも用意しています


以上がチノのカラーのラインナップです

料金も、こう言った事情ですのであまり余分にいただくわけにはまいりません。

しかしながら、アルカリカラーよりも手間と技術が必要になります

通常のカラーより多少お高くなる事をお許しください